粉体のプロフェッショナルとして

製造、エンジニアリングなどにおいて、多くの工業製品の最小マテリアルである「粉体」の持つ可能性を追求し、プロの視点からお客様の課題解決をサポートいたします。

​まずはお気軽にご相談ください。

Copyright 2017 © FUNKEN POWTECHS, INC.

中国合弁会社設立15周年

2011/01/28

北京燕山粉研精機有限公司設立15周年回顧

 

 《三国志》を愛読し、荀子を尊敬していた株式会社粉研パウッテクスの岩子素也前社長は、以前より中国文化に興味を持っており、粉体設備メーカーの専門家として、中国に貢献することはかねてからの願いだった。
 1993年、合弁相手を探すために、岩子社長は中国を訪問し始め、多くの候補から燕山石化を選んだ。燕山石化は1975年から粉研の設備を納入し、粉研にとって中国での最初で、最大のユーザーだ。燕山で粉研の機械が順調に動いているのを見て、嫁いだ娘が可愛がられながら、楽しく元気に暮らしているように感じ非常に嬉しかった。燕山石化のような大手国営企業と合弁することは非常に光栄なことだと思った。
 一方、燕山石化にとっては、合弁企業は経験したことがなく、リスクを伴っているが、外国企業の先端技術、管理経験及び経営理念を取り入れるためには、最初の一歩を踏み出さなければならない。当時のトップは勇気を持って合弁契約締結の決断をした。
 合弁会社は企業と企業の国際結婚で、このお見合いはまさに一目ぼれだ。合弁交渉の過程において、双方は最大の誠意を見せた。詳細事項を確認するために、古希を過ぎた岩子社長は13回も中国を訪問した。一方、燕山石化も紳士的な姿勢を見せ、工場用建物及び人材を提供し、粉研側に60%の出資比率を持たせ、会社を日本的経営で運営すると提案した。

 

 1995年12月20日、北京燕山粉研精機有限公司(BYF)は正式に設立した。それ以来、粉研と燕山石化は手を携えて、この50人未満の小さな会社は、地道に、誇り高く15年の歳月を歩んできた。
 先端的な技術、信頼できる品質、合理的な価格設定により、BYFは自分のブランドを作り業界で定評されるようになった。化工、鉄鋼、冶金、水泥、ガラス、食品、環境等分野にわたって、中国の市場のみならず、海外にも輸出している。

 

 「北京燕山粉研精機有限公司」と言えば、当時、この「精機」という言葉は中国語になかった。岩子社長から見れば、これは単に「精密機械」という意味ではなく、メーカーとして製品及び技術に対するプライドが込められていた。
 BYFの歴史を振返れば、市場の需要に応じて、勇気を持って経営方針を転換する道を歩んできた。
 設立当初、経験不足もあり製品が売れず、経営状況が厳しかった。そんな時に、中国の建材市場、特にセメント市場が動き始めたため、BYFは「石化がメイン」という概念から脱却し、建材業界に力を入れ、補助製品用機器「鎖風」を自力で開発し、建材、冶金業界の市場を切り開いて、素晴らしい実績を作った。その後、建材業界で周辺機器にも力を入れ、市場の占有率を拡大した。2006年に日本最大手の太平洋セメントからキルン用バーナーの技術を導入し、中国初の計量設備とバーナーをシステムとして提供できるメーカーとなった。また、バーナーは国レベルの「新製品」に認定され、会社の主力製品となった。

 

持続的な発展を図るため、2007年に「伝統市場を確保、その他市場を開拓」の経営戦略を打ち出し、それに合わせて組織と製品の構造を調整した。自主開発、複合型技術人材の育成、資本金の蓄積を重要な課題としてきた。技術の強化により、設立して以来、四つの実用新案が認定され、厳しい審査の中、「北京市ハイテク企業」の称号を守り続けている。

 

 2010年、BYFは更なる転換を図った。新製品の開発方式を多様化し、自主開発・委託開発・共同開発等を始めた。自社製品とエンジ物件を並行させる構想を打ち出した。
2009年燕山石化PP供給システム(年間20万トン生産)の設備を受注し、同時に制御システムも開発した。単機納入のメーカーから、システム設備のサプライヤーに転換するための第一歩を踏み出した。その後、2010年において、燕山石化、中原石化、寧夏平羅水泥等から大型物件を相次いで受注し、エンジ物件においての成果が現れ始めた。

 

 BYFは燕山石化の最初の合弁会社で、パイオニアとして多くの試練が与えられたが、いずれも乗り越えてきた。
15年来、BYFはどんな挫折と困難にぶつかっても諦めないで、ようやく今日の成績を掴んだ。BYFの成功はその後の燕化の合弁企業に貴重な経験を残した。それでも驕ることなく、ひたすら新しい目標にまい進する姿勢を貫いている。今後も「より良く、より強く」をモットーに自分の道を歩んでいくだろう。

 

燕山油化報
2010.12.20

Please reload

TOPICS&事例

粉体工業展大阪に出展します

2019/09/06

夏季休業のお知らせ

2019/08/02

インターンシップ募集中

2019/07/08

合同企業説明会に出展します(大阪)

2019/07/04

1/8
Please reload